和楽器買取り
ホーム > 和楽器買取り

和楽器買取り

DSC07511[1]intro_wagakki

和楽器買取について

三味線と津軽三味線、琴や琵琶 始める方が少なくなって来ておりますが、楽器の出来具合によっては

まだまだ高価買取りが望める商品です。

 

三味線買取りについて

長唄、民謡、地歌、小唄、津軽など色々御座いますが、なかでもまだまだ人気なのは津軽三味線です

津軽以外の三味線が買えるポイントとしまして胴の内側が綾杉彫になっていること

金細二溝で作ってある三味線に関しては比較的高価買取りが望めます。

また糸巻きが象牙糸巻きであることも高価買取りの対象です。

天神と言いまして、棹の先端にカバーが付いておりますが、それを取ってもらい欠けが無いこと。

この部分は音に影響する部分なので絶対に傷などを付けてはいけない部分です。

 

津軽三味線買取りについて

比較的人気のある津軽三味線ですが、こちらは胴の内側が綾杉でなくてもそれなりな金額で買わせて頂きます。

綾杉になってる場合は比較的高価買取りが望めます。

ポイントとしまして、棹の太さや傷などの有無、糸巻の材質や使用されている木、トチ(虎目)の出具合

などを見ます。

 

尺八買取りについて

シビアに見ますと、当社は造り具合をじっくり拝見致します

かんじり部分の雰囲気、中継ぎに使用されている金属類、歌口に使用されているのが

プラなのか、水牛の角なのか、象牙なのか。。。さらに都山流で縁取りが金か銀か。琴古流も

同じ場所を見ます。使用している材質により買われた金額が予測出来ます。

 

琴買取りについて

流派として主流なのが、生田流と山田流となります。

琴本体にはほとんど違いは見られません。琴を弾くときの姿勢に違いが見られます

生田流は角爪を使用し、琴に対して斜めに構えて演奏します

それに対して山田流は丸爪を使用し、琴に対して正面に構えて演奏します

演奏する曲はほぼ一緒です。査定は大きく分けて綾杉彫とすだれ彫とで見ます

現在すだれ彫が買い取り困難となりますが、綾杉彫は高価買取りが望めます

2013083    IMG_0083
琴は裏側に穴が空いていますので、そこから覗けば見えます。三味線は胴の内側となります。

かぐら堂の特徴

 

tokucho

買取りの流れ


年中無休なので、お客様のご都合に合わせて訪問日を決めさせて頂きます。

査定スタッフがお売りして頂ける商品を査定致します。ご納得行くまでお話下さい。

ご提示した査定金額に十分にご納得されましたら、現金でお支払致します。

テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーにTV出演

お問い合わせ

目利きのプロがいつでも
ご自宅まで出張買取り

0120-463-111
10:00~21:00

かぐら堂

会社概要

株式会社かぐら堂

 

東京買取りセンター

〒120-0032
東京都足立区千住柳町24-5

埼玉買取りセンター

〒351-0112
埼玉県和光市丸山台2-6-20

 

古物営業許可証
埼玉県公安委員会
第431040031602

過去の記事

かぐら堂グループ