純銀製の銀瓶 買取り査定致します
ホーム > 純銀製の銀瓶 買取り査定致します

純銀製の銀瓶 買取り査定致します

卓球といえば愛ちゃんこと福原選手を思い浮かべる方も多いでしょうが、今回のオリンピックでは「卓球男子」も盛り上がりました。水谷選手の個人銅メダル、団体での銀メダルと、日本男子勢初の快挙に感動された方も多かったのではないでしょうか。女子も3位決定戦で銅メダルを獲得し、若い世代が大活躍の卓球。今後も応援していきたいと思います。

さて、本日は「純銀製の銀瓶」について、ご紹介いたします。銀瓶は地方によって呼び名が異なり、関西方面ではちゃびん、江戸ではやくはんと呼ばれることもありました。海外ではカラトリーとして重宝されるシルバーですが、日本では湯差しとして銀瓶を使います。一枚板をたたきながら仕上げるため作家によって作りや細工は異なりますが、どれも純銀製の美しさをより高めており、愛好家も多く存在します。

銀瓶の人気作家として特に有名なのは北村静香や、千家十職の金物師である中川浄益であり、それに伴い買取価格も高額です。

これ以外にも高額買取の対象となる作家も多く、お手持ちの銀瓶がおありでしたらまずは鑑定してみるのもいいでしょう。専門の鑑定士が出張査定を行っておりますので売却をご希望の場合は、ぜひ当店にご相談ください。

かぐら堂の特徴

 

tokucho

買取りの流れ

 
年中無休なので、お客様のご都合に合わせて訪問日を決めさせて頂きます。
 
査定スタッフがお売りして頂ける商品を査定致します。ご納得行くまでお話下さい。
 
ご提示した査定金額に十分にご納得されましたら、現金でお支払致します。

DSC05352 DSC05353 DSC05354

DSC05355 DSC05356 DSC05357

かぐら堂グループのご紹介

 

 

 

 

 

 



« »

テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーにTV出演

お問い合わせ

目利きのプロがいつでも
ご自宅まで出張買取り

0120-463-111
10:00~21:00

かぐら堂

会社概要

株式会社かぐら堂

 

東京買取りセンター

〒120-0032
東京都足立区千住柳町24-5

埼玉買取りセンター

〒351-0112
埼玉県和光市丸山台2-6-20

 

古物営業許可証
埼玉県公安委員会
第431040031602

過去の記事

かぐら堂グループ